豊胸していいこともありましたが後悔もしています

AカップからCカップへ

豊胸,後悔豊胸手術の失敗15例

胸は人によって形が違いますし、垂れていたりそうでなかったりしますが、シリコンバッグはおわんタイプと少し垂れているタイプがあり、もともとハリのある胸にあこがれていたのでおわんタイプを選択。
切開部分は脇と胸の下、乳首の下から選べますが、胸の下は少し垂れるような大きな胸でないと不自然になりそうだったので脇を選択しました。
脇は元々大きなしわがあるので切開するには好都合です。
全身麻酔ですが、手術自体は1時間程度で終わるので負担はありませんし、仕上がりもダウンタイム後に見ると想像通りで満足でした。
AカップがCカップ程度になったので特に怪しまれませんし、仲のいい友達からも自然と言われましたが、少し後悔もあります。
テレビやネット動画で胸が揺れているシーンを見ると、どうも自分の豊胸した胸と揺れ方が違います。
同じCカップ程度の女性の揺れ方を何度も見返しましたが、分かる人には分かるような違いです。
また、ネットでの情報ですが、両腕を体の前に持っていき、胸を強調させるポーズを取ったときに胸の谷間が「I」のようになると自然な胸、「Y」のようになると豊胸と書いてありました。
カウンセリングのときには聞かなかったことですし、実際に豊胸疑惑のある芸能人の胸を画像や動画で確認すると「Y」になってします。

豊胸手術した人、Aカップから豊胸して、皮が伸びないからCカップまでしか入れれないっていうの見て、貧乳は巨乳には一生なれないんだなって悟ったよね

— ゆりあ💙❄️ (@kitty_tea_time) June 27, 2019

私がシリコンバックを選んだ理由AカップからCカップへ自然さを追求するなら脂肪注入がいい